キャンプ中のマナー違反とは!?

- Let’s study camp -

キャンプを始めて間もないうちはキャンプのマナーについて知識がないために、知らないうちにマナー違反をしてしまっていたというケースも多いです。

トラブル防止のためにもキャンプ中のマナーについて知っておくことは大切なことですので、これからキャンプを始めようという方は是非参考にしてください。

- Video -

 動画を再生するには↓をクリックしてください。

- Video information -

[動画の情報]
【再生時間】7分06秒
【この動画で分かること】 キャンプ場のマナー違反について
[テーマごとの再生時間]
0:00 キャンプ中のマナー違反とは?
1:04 ‖梢佑離汽ぅ箸貌っていく
2:01 ▲ャンプ場の自然に手を加える
2:27 A音を起こす
3:34 な欧火を直火で行う
4:20 ナ欧火でごみを燃やす
4:48 消灯時間後に大きな音を出す
5:30 Х茲瓩蕕譴討詈法以外でゴミを処理する
6:04 まとめ
チャンネル登録

You Tubeでチャンネル登録をして通知をONにしていただくことで、新たに You Tube 上に動画が追加された際、通知が届きますので最新情報を得られます。また今後の励みともなりますので気に入った方は是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたします!


チャンネル登録はコチラからお願いします⇒You Tube チャンネルへ行く

- Sentence -

キャンプのマナーtop

この記事では、キャンプ場でしてはいけないマナー違反の行為について解説したいと思います。

これからキャンプを始めてみようという時にはキャンプ中のトラブル防止のためにもキャンプ中のマナーについては必ず知っておくべき大切なことです。

では、どのような行為が一般的にキャンプ場でのマナー違反となるのかということですが
まず、簡単に一言ずつ説明していきますと

‖梢佑離汽ぅ箸貌っていく
▲ャンプ場の自然に手を加える
A音を起こす
な欧火を直火で行う(※これに関しましては禁止されていないキャンプ場もあります)
ナ欧火でごみを燃やす
消灯時間後に大きな音を出す
Х茲瓩蕕譴討詈法以外でゴミを処理する

などが一般的に言われているキャンプのマナー違反の行為となります。
ではこれらを一つ一つ詳しく解説していきます。

‖梢佑離汽ぅ箸貌っていく

キャンプのマナー1

まず、やっていはいけないことの1つめは、他人のサイトに侵入することです。
これは特に初心者の方が知らずについうっかりとやってしまっているケースが多いです。

キャンプ場にはサイトと呼ばれる区切られた敷地がグループごとに割り当てられているのですが、近道だからといって他のグループのサイトを横断したりすると、サイトに侵入される方はあまりいい気がしないですし、時にはトラブルの原因ともなってしまうこともあります。

景色がいいからといって他人のサイトに入って景色を眺めたり写真を撮ったりするのもしてはいけない行為です。
もしサイトに誰もいない状態でも他人のサイトに足を踏み入れるのはやめておきましょう。

また、テントやタープ設営時に配置がうまくいかず、ロープが自分のサイトからはみ出してしまうことがあります。
これもキャンプ場では、してはいけない行為の一つです。
ロープも含めて全て自分のサイト内に納まるように設営しましょう。

▲ャンプ場の自然に手を加える

キャンプのマナー2

2つ目がキャンプ場の木を切ったり穴を掘ったりすることです。
焚き火の薪としてキャンプ場の木を切ったり、雨の日の対策として地面を掘って溝を作ったりすることも、してはいけない行為です。

山の中でキャンプをする場合と違い、キャンプ場の自然はきっちり整備されているものです。
キャンプ場の自然に手を加える行為はキャンプ場にとって大きな迷惑となりますので、絶対にしないよう気をつけます。

A音を起こす

キャンプのマナー3

3つ目が、大きな音で音楽を流したり大声で騒ぐなど騒音をだしてしまうことです。
キャンプ場のトラブルの中で最も多いトラブルの一つが騒音問題です。

キャンプに行ったらつい音楽をかけたくなる人も多いかと思いますが、この際に、他のサイトまで響くような音量で音楽を流していると周りの人たちからは良く思われないケースが多いです。

静かに自然の音を聞くこともキャンプの楽しみと考えている人は多いですので、音楽を流したい時には自分のサイト内でのみ聞こえる程度の小さめの音量で流すようにします。
キャンプ場によっては楽器やスピーカーなど音の出るものの使用が禁止されている場合もありますのでキャンプ場のルールをしっかり確認したうえで楽しみます。

またお酒を飲んだりして大声で騒ぎすぎるのも周りの迷惑になりますので、食事や宴会の際には周りのグループが不快に思わない程度に楽しむといいです。

もし他のグループの騒音が気になる場合には直接注意するとトラブルの原因となることがありますので、静かにしてもらいたい場合にはキャンプ場の管理人に言って注意してもらうといいです。

な欧火を直火で行う

キャンプのマナー4

4つ目のマナー違反行為は焚き火を直火で行うことです。

直火で焚き火をするとは、どういうことかといいますと、地面の上に直接薪を置いて火を起こすことを直火といいます。
多くのキャンプ場では焚き火を直火で行うことが禁止されています。

では、直火をした場合どのような点でよくないのかということですが、直火で焚き火をした場合、芝や地面にダメージがかかってしまい、焚き火のあとも残ってしまいます。
キャンプ場の景観も悪くなってしまいますので、キャンプ場で焚き火を行う際には、基本的には焚き火台を使用して焚き火をします。

もし直火で焚き火をする際にはキャンプ場のルールをしっかり把握して直火が禁止されていないことを確認した上でするようにします。

おススメの焚き火台

ナ欧火でごみを燃やす

キャンプのマナー5

5つ目のやってはいけないことは、焚き火でごみを燃やすことです。

どうせ燃やしてしまうものだからといって焚き火をしたついでにゴミを一緒に燃やしてしまう方がいますがこれもキャンプではしてはいけない行為です。
ゴミを燃やすことでいやな匂いや有害ガスが発生する恐れがあるからです。

キャンプ場では仕切りがありませんのでゴミを燃やしたにおいやガスはダイレクトに周囲に広がってしまい、他の利用者に迷惑がかかりますので、ゴミは燃やさないようにします。

消灯時間後に大きな音を出す

キャンプのマナー6

6つ目のしてはいけない行為は消灯時間後に大きな声や音を出すことです。

大抵、キャンプ場は夜の9時か10時を消灯時間と決めているところが多いです。
キャンプ場の定めている消灯時間を過ぎたらなるべく音や声を出さないようにします。

消灯時間後は必ず寝なければならないということはないのですが、音楽を流したり、宴会などは行わないようにします。
会話する際にも周囲に響かない程度の小さな声でするよう気をつけます。

車のドアの開け閉めなども夜のキャンプ場では意外と響いたりするので消灯時間後はあまり頻繁に車のドアを開け閉めしない方がいいです。
消灯時間後の焚き火も基本的には禁止されている場合が多いです。

Х茲瓩蕕譴討詈法以外でゴミを処理する

キャンプのマナー7

7つ目は、ごみの分別をきっちりしない、薪や炭をサイトに残していく、といったことです。

ゴミの分別の仕方についてはキャンプ場ごとに決められていますので、チェックイン後はチェックインの時に渡される利用規約をしっかり読んで、ゴミの分別方法と捨て方を確認しておきます。
使用後の炭の処理なども利用規約に書かれていますので、キャンプ場のルールに従った方法でゴミを処理します。

もちろん、燃え残った薪や炭などもサイトには残さないようにします。

以上がキャンプをする上でしてはいけない行為の例です。

この記事で紹介したマナー違反の行為はキャンプ中のマナーとしては一般的なことですので、どのキャンプ場を利用する際にも気をつけなければならない行為です。
キャンプ場を利用する際にはしっかりとチェックインのときに渡されるキャンプ場の利用規約を読んでルールに従って楽しむようにします。

以上で本日の話は終了となります。
キャンプ中のマナー違反行為

〜音を起こす
他人のサイトに入っていく
キャンプ場の自然に手を加える
な欧火を直火で行う(※禁止されていないキャンプ場もある)
ナ欧火でごみを燃やす
消灯時間後に大きな音を出す
Х茲瓩蕕譴討詈法以外でゴミを処理する

最後までご覧頂きありがとうございます。
もし動画を見ていない方はそちらも合わせてご覧いただくことで、より理解が深まりますので、是非ご覧ください。(内容的には記事の物と同じになっております)
チャンネル登録をして通知をONにしていただくことでYouTube上に新しい動画をアップすると通知が届くようになりますので最新情報を得られます。
応援してくださる方はYouTubeのチャンネル登録をしていただけますと、今後のコンテンツ作成の励みとなりますので大変ありがたいです。
⇒この記事の動画をYouTubeで見る
キャンプ用品のレンタルをお探しの方は↓のお店も是非チェックしてみてください。
キャンプ用品をリーズナブルに全国に宅配レンタルしております。

- Reccomend -

 
⇒レッツスタディキャンプTOPへ戻る
⇒ページ先頭に戻る
⇒You Tube チャンネルへ行く