タフワイドドームを一人で設営する方法

- Let’s study camp -

この記事ではタフワイドドームを一人で設営する方法について説明します。

タフワイドドームはサイズが大きいテントですので、2人以上いると設営が楽なのですがポイントを抑えれば1人でも簡単に設営することができます。
この記事では、一人でテントを立てるときのコツをおさえつつ設営の手順を解説していきます。

- Video -

 動画を再生するには↓をクリックしてください。

- Video information -

[動画の情報]
【再生時間】8分2秒
【この動画で分かること】 タフワイドドームを一人で立てる方法
[テーマごとの再生時間]
0:00 タフワイドドームとは?
0:27 設営準備
1:02 インナーテント
4:17 フライシート
6:57 まとめ
チャンネル登録

You Tubeでチャンネル登録をして通知をONにしていただくことで、新たに You Tube 上に動画が追加された際、通知が届きますので最新情報を得られます。また今後の励みともなりますので気に入った方は是非ともチャンネル登録をよろしくお願いいたします!


チャンネル登録はコチラからお願いします⇒You Tube チャンネルへ行く

- Sentence -

テント設営top

タフワイドドームはコールマンから販売されている、最もメジャーなテントといってもいいほど人気のあるテントです。
特徴としては設営が簡単で4〜5人のファミリー層向けのテントです。
機能面も優れているので初めて購入するテントとしては最適のテントです。

サイズは大きいですので、2人以上いると設営が楽なのですがポイントを抑えれば1人でも簡単に設営することができます。
この記事では、一人でテントを立てるときのコツをおさえつつ設営の手順を解説します。

販売の形態としてはテント単体か、もしくはテントの内側と外側に敷くシートとセットになって販売されています。
テント付属のペグハンマーは強度があまり強い方ではないため、気になる方は別途ペグ、ハンマーも購入しておくとスムーズに設営ができます。

【使用したテント】
(グランドシート+インナーシート付)

(単品)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コールマン テント タフワイドドームIV/300 2000017860
価格:48707円(税込、送料別) (2021/6/1時点)


【2021年 ニューモデル】
(グランドシート+インナーシート付)

\澑弔僚猗

パーツを取り出しグランドシートを敷いておく

まず袋からパーツを取り出します。
インナーテント、フライシート、ポールの入った袋の3つに分かれています。

テント設営1

テント設営前には、まずグランドシートをペグで固定しておきます。
テント設営1 テントを立てた後にグランドシートまで移動させる方法もあるのですが、一人だとテントの移動に手間がかかりますので、一人で設営する時にはグランドシートを先にしき、直接その上でテントを設営していく方がやりやすいです。

今回グランドシートはロゴスの270cm四方のグランドシートを使用しています。

【使用したグランドシート】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート270 84960102
価格:2000円(税込、送料別) (2020/11/27時点)


▲ぅ鵐福璽謄鵐箸鯲てる

グランドシートの上にインナーテントを広げる

グランドシートを固定したらインナーテントをグランドシートの上に広げます。

コールマンのロゴがあるほうが前になります。
テント設営1 入り口のチャックは、少し開けておきます。
チャックが開いている方がテントを立ち上げる際、中に空気が入るのでテントを立ち上げやすくなります。

インナーテントの対角線上の2箇所をグランドシートを固定しているペグに引っ掛けて固定します。
テント設営1 テント設営1 一人で設営する時は、インナーテントをこのように固定しておくことで立ち上げの際にテントが動かないためインナーテントを建てやすくなります。
この際の注意点ですが、 インナーテントの4隅すべてをペグに引っ掛けて固定してしまうとテントの生地がしなる余裕がなくなってしまい、インナーテントを立ち上げることができなくなる ので、 固定するのは対角線上の2箇所のみ としておきます。

対角線上であればどちらを固定しても大丈夫です。

メインポールを組み立てインナーテントに通す

インナーテントを固定したら、次はメインポールを組み立てます。

パーツがゴムでつながっているのでカチカチはめていくと組み立てれます。
テント設営1 メインポールは2本ありますので両方組み立てます。

メインポールを組み立てたらインナーテントにポールを通していきます。

テント設営1 テント設営1

この際ポールを押すようにして通します。
引っ張りながら通そうとすると、組み立てたポールが分断してしまいますので、ポールは押しながら通していきます。

インナーテントを立ち上げる

ポールを通したら後ろ側2箇所のピンに、ポールを差し込みます。
テント設営1 テント設営1 インナーテントを ペグで固定している側のポール をしならせて、ポールの端を手前側のピンにいれて固定します。

テント設営1 テント設営1

この際、片方の手で差込口の端を軽く引っ張りながら、もう片方の手でポールを押し込むようにして入れていくとうまくポールをしならせることができます。

テント設営1

ポールがしなってこのように弓のような形になります。
テント設営1

この状態になったら、次にもう片方のポールを押し入れるようにしながらテントを立てていきます。
この時も片方の手で差込口の端をひっばりながらポールを押し入れていくことがポイントです。
テント設営1

ポールがしなってテントが立ち上がったら、ポールの端をピンに入れて固定します。

インナーテントを立ち上げる行程が、一人設営の際に難しいポイントの一つといわれていますが、紹介した手順でポイントさえおさえて設営すれば、簡単にインナーテントを立ちあげれるようになります。

インナーテントにフックを引っ掛け固定

インナーテントのフックをポールに引っ掛けていき、床の固定されていない2箇所をグランドシートをとめているペグにひっかけ、インナーテントを固定します。

テント設営1 テント設営1

4隅を固定した後に、もしテントの出入り口のチャックがペグに引っ張られて閉まりにくいときはペグの位置を微調整しチャックをスムーズに開け閉めできるようにしておきます。

インナーテントにポール類を固定する

次に、テントの前室を支えるポールを組み立てて、両端をインナーテントのピンに入れ、ポールを起こしてインナーテントについているフックにひっかけて固定します。

テント設営1

前室のポールを固定したら、テントの後ろ側のポールを組み立ててセットします。
ポールの端を穴に通すようにしてセットします。
テント設営1 テント設営1

ポールをインナーテントにセットするとこのような状態になります。
テント設営1 これでインナーテントはひとまず完成です。

フライシートをかけ固定する

フライシートをインナーテントにかぶせる

テント設営1

つぎにフライシートをインナーテントにかぶせて固定していくのですが、まず最初に フライシートにある通気口を広げるためのポールを組み立ててフライシートにセットします。

テント設営1

ポールをセットする場所が少し分かりにくいですが、立ち上がった時に通気口にくる場所にポールを通すための穴が開いているので、そこにポールを通しておきます。

テント設営1 テント設営1

フライシートにポールを通したら、次はフライシートをインナーテントにかぶせていきます。
緑色をバックにコールマンのロゴが描かれている方が正面から見た時に左の手前側になりますので、それを目印にしてロゴがテントの左前に来るようにおいておきます。
テント設営1 なお黄土色をバッグにロゴがある方は後ろ側になります。

テント設営1

一人で設営する場合は、フライシートをかぶせる前にフライシートの端を一箇所ペグに引っ掛けておくとやりやすいです。

テント設営1

フライシートを持ちながら、インナーテントを回り込むようにしてかぶせていきます。

テント設営1

タフワイドドームは背が高く、大きいですので、一人設営の際にはフライシートをかぶせることがインナーテントを立ち上げることと同様に難しいポイントと言われていますが、ペグでフライシートを一箇所固定しておき、回り込むようにかぶせる事で一人でも簡単にフライシートをかぶせることができます。

フライシートをインナーテントに固定していく

フライシートをインナーテントにかぶせたら、次はフライシートを固定していきます。
インナーテントの4隅にある、アルファベッドのDの形をしたリングにフライシートのフックを引っ掛けていきます。

テント設営1

フックを引っ掛けたら、次にフライシート内側にポールに沿うようにしてマジックテープがついていますので、ポールとフライシートをとめていきます。

テント設営1

後ろの部分もポールを起こして、マジックテープでフライシートと固定します。
テント設営1 テント設営1

フライシートを地面に固定していく

インナーテントとフライシートを固定し終わったら、フライシートとインナーテントのペグダウンしていない部分にペグを打っていき、地面と固定していきます。

テント設営1 テント設営1

全て地面に固定すると、このような状態となります。

ペグを全て打ち終わったら前室のチャックを開けて、入り口の部分をくるくると巻き上げフックで固定しておきます。

テント設営1

最後にロープを延ばしペグで固定します。
テント設営1 ロープは金具を倒しながら引っ張ると、長さの調整ができますので、ロープがぴんと張るように調整しておきます。

テント設営1

ロープを全て固定するとこのような状態となります。
テント設営1

以上でタフワイドドームの設営は完了です。
【使用した道具一覧】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コールマン テント タフワイドドームIV/300 2000017860
価格:48707円(税込、送料別) (2021/6/1時点)


(2021年 ニューモデル)
(グランドシート+インナーシート付)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) ぴったりグランドシート270 84960102
価格:2000円(税込、送料別) (2020/11/27時点)




最後までご覧頂きありがとうございます。
もし動画を見ていない方はそちらも合わせてご覧いただくことで、より理解が深まりますので、是非ご覧ください。(内容的には記事の物と同じになっております)
チャンネル登録をして通知をONにしていただくことでYouTube上に新しい動画をアップすると通知が届くようになりますので最新情報を得られます。
応援してくださる方はYouTubeのチャンネル登録をしていただけますと、今後のコンテンツ作成の励みとなりますので大変ありがたいです。
⇒この記事の動画をYouTubeで見る
キャンプ用品のレンタルをお探しの方は↓のお店も是非チェックしてみてください。
キャンプ用品をリーズナブルに全国に宅配レンタルしております。

- Reccomend -

 
⇒レッツスタディキャンプTOPへ戻る
⇒ページ先頭に戻る
⇒You Tube チャンネルへ行く